Githubのカンバンが個人開発で使えそう

個人開発

どうもmizukiです。qiitaの記事を見ていたらGithubにてカンバンを作れると言う事を知ったので、早速、個人開発プロジェクトに導入しました。

今までも色々とタスク管理の方法を考えて、trelloを使ったり、ノートに書きだしたり、Gitのコミットメッセージに次回のやること書いたりと迷走していました。使うツールは「より良く、より少なく」を重点に置いているのでGithub内で完結するこの方法は僕に合っていると思いました。

つくりかた

Githubをフル活用してカンバン(Kanban)方式による開発体制を構築したノウハウを惜しみなく公開する - Qiita
簡単な自己紹介 渋谷のとあるプログラミングスクールを経営する会社でCTOを担当しています。 昨年、2019年3月にこの会社にジョインしてから開発から新商品企画まで幅広く担当してます。 背景 2019年3月に私が入社した時、...

この記事の「GitHubプロジェクトボードの作成方法」あたりを参照すればできます。その他にもチームでの運用方法についてのノウハウが書かれているので、とても参考になりました。なお会社でもぼっち開発の模様

できたよ!カンバンが!

タスク・・・現在のタスクを入れる
攻略中・・・現在着手中の作業を入れる
バグレポート・・・バグの内容を入れる
アイディア・・・素晴らしい天啓を入れる(じっくり考えて無駄だと思ったら消す)
Done・・・攻略したものを入れる

あまり細分化すると管理するのが面倒になる上に、個人開発のシンプルさが失われるので、この粒度に抑えておこう。増やしても使わない。

まとめ

Githubのプロジェクトボードを使えば、タスク管理もGithub内で完結できるのでツールの数が減るのでオススメです。Githubにはソースコードの管理以外にも色々と機能があるので少しずつ覚えよう。
プロジェクト燃えていますが、今日も元気です!増員を予定していると入社時に言われましたが来なくなりました。

明日もコーディング頑張りましょう!

参考

Githubをフル活用してカンバン(Kanban)方式による開発体制を構築したノウハウを惜しみなく公開する - Qiita
簡単な自己紹介 渋谷のとあるプログラミングスクールを経営する会社でCTOを担当しています。 昨年、2019年3月にこの会社にジョインしてから開発から新商品企画まで幅広く担当してます。 背景 2019年3月に私が入社した時、...

コメント